それでも人生は続く

 

f:id:TakaT:20170613173502j:image

 

 男女問わず、笑顔の素敵な人はそれだけで魅力的に感じる。口元だけで優しく微笑む顔や顔全体でにっと笑う顔。その人を思い出す時の顔が笑顔なら、無意識のうちに惹かれているんだろうなと思う。

 

 

他人から見た自分はどんな風に写っているのだろう。そんなことを思うと同時に、いつからかうまく笑えずうまく話せていない自分がいることに気がついた。 

 

 

はっきりとした理由なんてわからないけど、きっと「やりたいことをやれていない現実」と、それに付きまとう「未来への漠然とした不安」というのは心の何処かにあるんだろうなと思う。

 

 

ある時、鏡の前で笑った自分の顔が不器用すぎて、全力で引いた。

 

 

「あー人前でもこんな顔してるのかな」って凹むレベルに不器用だった。もともと魅力的な顔してないし、東南アジア旅してても現地人から「違和感ないよ」とか言われるし、家族にも友達にも謎の東洋人扱いされるしまあいいんだけど、さ…

 

それはそうと、笑顔が不細工って致命的だと思う。それからしばらくはなんか顔が気になって、表情筋のトレーニングとか(3日ほど)やってみたりして(まあ謎の東洋人が努力したところで感は否めないけど。)。

 

 

でも、どれだけやっても(3日しかやってない)やっぱり笑顔って作れるものじゃないなって思った(トレーニングが面倒とは言ってない)。昔から顔や態度に感情が出やすくて、嘘ついてもすぐバレるし、その場が楽しい雰囲気でもネガティブな気持ちや考えごとしてたら、顔や態度にも出る。

 

 

だから、皆がどうかはわからないけど、心の底から仕事や日常生活、大きく言えば「自分の人生」を楽しむことができてなかったら、自分の場合はうまく笑えないんだなって思った。

 

 

先日、アナウンサーの青山愛さん(失礼ながら全く知らなかった、が、綺麗な人←)が引退するというニュースがあった。基本的に芸能ニュースとかは1番興味のない類だけど、ぼーっと観てたら、とても素敵な方だなあと刺激を受けたのでここで紹介させてもらいます。

 

番組に就く前に、プロデューサーとひとつだけ、約束したことがあります。
それは、「絶対に嘘はつかないこと」。
良く思われたいとか、この方が無難かもと、
思ったことを言わなかったり、取り繕うことは決してせず、
ありのままでいることを約束しました。
思えばアナウンサーになって、好感を持たれたいとか、周りに認めてもらいたいと、
テレビの中でも、会社の中でも、
ニコニコして相手に合わせたり、意見を飲み込んで無理をしたり、
空気を読んで空気みたいな存在になっていると感じることがありました。
自分ではなく、周りに設定された「基準」や「スタンダード」に縛られてしまって、
自分の軸を持つこと、自分の軸を伝えること、多様性の価値を実感することを、怠っていました。
相手への思いやりは忘れずに、
でも、取り繕って好かれるよりも、
自分らしくいて、嫌われる勇気を持てたら、かっこいいなと思っています。

 

テレビ朝日 アナウンサーズ 青山愛

 

 

「空気を読んで空気になっていた」

「誰かが作った軸に縛られて動けなくなっていた」

「取り繕って好かれるより、自分らしくいて嫌われる勇気を」

 

 

いまの自分に必要な考え方や言葉で綴られた文章が、心に刺さりました。

 

 

働いてはいるものの退職を見据えていて留学・世界一周という、世間でいう所の「普通」とは違う道を歩こうとしている自分。この「普通」は「自分ではない、周りに設定されたスタンダード」。

 

 

普通。当たり前。常識。

誰が決めたんだろう。バイアスでしかないのに。

 

 

同じような道を歩む人は、近しい人にはいないけど、似たような道は日本だけ見てもそして世界ならもっと、数多くの人が歩いている。まだまだ挑戦できる。そしていつだって変われる。

 

 

「この道でいいのか?」「他の人は働いてるぞ?」という言葉が何処からともなく降ってきては、頭の中を何度も巡った。不安になったりもしたけど、でもなぜか脚は前に進んでて、気がついたら留学のこと調べたり、世界一周に必要なものや行きたい場所・ルート調べたりしてた。

 

 

 

 

結局、頭で考えるより理性を保ちながら心で感じることに忠実に暮らし、生きていく道を選ぶのが、一番上手な「笑顔の作り方」なのかも知れない。心の底から楽しめる仕事や笑い合える仲間に出会えた時、きっと今よりずっと上手く笑っているはずだ。

 

 

悩んでいても時は流れていく。

まだこの先も、きっと人生は続いていく。

誰もに平等かつ有限の時の中で、ムダにしていい時間などない。

後悔はせずに、けれども時々振り返りながらゆっくりと歩いていこう。

 

 

会いたい"誰か"がいること。

 

 f:id:TakaT:20170609215611j:image

 

 

「あー!いたーー!!!」

 

待ち合わせの駅で、すぐ近くにいるはずなのになぜか会えない2人。電話をしながらやっと会えた時、その子は「あー!」と飛び跳ねるように駆け寄ってきてくれた。

 

連絡は時々取っていたものの会うのは約2年ぶり。彼女は中国人で、学生時代にバイト先で知り合った。

 

 

肩まで伸びた長い髪が、少し湿った梅雨の風に靡く。 

 

 

人が大勢いる中で「あー!いたー!」なんて駆け寄ってくるその姿に少しだけ照れつつも、素直に嬉しかった。

 

お互いに仕事を始めてからも何度か食事には行ったものの、昔からの長い付き合いという訳でもないしたまに連絡するくらいの仲なのに、会えばそれまでの時間を埋めていくように家族の話や仕事の話、たわいない話を楽しみや悲しみ、不安までたくさん話してくれる。

 

 

彼女を見ていると、自分には「会いにいくだけで心が踊るような誰かがいるだろうか」「同じ時間を過ごす人と楽しみや喜び、悲しみや不安をちゃんと共有できているだろうか」と思った。

 

 

「会いたい」と思える誰かがいることはとても幸せなことなんだろうと思う。その人に会えるのならば会わない手はない。それが距離や何かしらの問題で叶わない、躊躇っているのであれば電話やメールで何気なく連絡をしてみるだけでもいい。

 

 

離れて暮らす家族には年に2〜3回ほど、学生時代の友人もここ最近は一部の人としか会えていない。

 

 

大学生活は人生最後のモラトリアムだと自分の中で定義づけているんだけれども、その青春の4年間、最後かつ最高のモラトリアムを同じ学び舎(学んだのは天からお金は降ってこないという事くらいだが)で共に過ごした仲間とは、思い出と今と未来を語り合うことなく時が流れている。

 

 

前にも書いたが「自由と孤独は表裏一体なんだよ。」とある人に教えられた。それは旅を続けるような自由な生活でも、仕事ばかりの日常生活でも、その日々の中に孤独は顔を出す。

 

 

 

そんな時、心の片隅にある孤独や寂しさをスッと消してくれるような色を持った人に会いたい。そして願わくば、その"誰か"にとっての自分もそうありたい。

 

 

 

運動するって気持ちのいいことだなぁとしみじみ。

 

f:id:TakaT:20170521232741j:image

 

 

今日は会社の駅伝大会でした。

 

体力面と精神面(要はモチベーションの問題)から「30歳以上は出場しない」という(暗黙の)ルールがあったが故に、入ってまだ間もない俺が走ることに。

 

転職する前までは週2〜3くらいで運動(フットサル・サッカー・ランニング)してたけど、仕事始めてからは全く動いてなかった。

 

先週は駅伝メンバーで仕事終わりに毎日練習?おしゃべり??サッカー???して、鈍った体をほぐしてました。金曜はオフで土曜は各自でやっとこかーみたいなゆる〜い感じだったので、夕方くらいから少し速めのペースで感覚だけ掴み、短めの距離で練習終了。

 

さて本番!

ということで今日を迎えた訳ですが、ウォーミングアップ中に足の異変に気付く。左のふくらはぎと太腿の後ろになんか違和感…

 

まあまあ大丈夫だろうとアップを終えて9:40、約40チームが一斉にスタート。2キロ×5区までしかないので小1時間ほどのレースだったけど思いの外いい結果に。

 

 

個人としての記録は2キロ7:30。

脚の痛みはそれほど気にならず、むしろ朝食に食べたバナナ5本が腹にずっしり来ていた。

高校時代は6:23とかは出してたから、現役時代と比べると1分もタイムが落ちてる…

いくら運動してないと言えどもこの1分はデカい…最低ラインは小学生のときの8:45は上回ろうという目標だったから、まあこれはよし。

小学生の自分にはさすがに負けられません。

 

チームとしての記録は9〜11/40。

40チーム中9〜11位くらいだろうと。

順位確定を待たずに即効で焼き肉連れていってもらったのでまだ知りません。笑

今日という日の焼き肉はめちゃめちゃうまかったです。

 

 

今日は各地で夏日の1日。

レースは午前中だったにも関わらず歩くだけでも汗が出てきました。

それでも快晴の空の下、「〇〇おっせーなー笑」とかバカな話しながら会社の人たちと汗を流して運動するというのは普段と違って気持ちのいいものでした。

 

普段会社で「定期的な運動を!」とか「健康なんとかチャレンジ!」みたいなものを見かけては「へー」としか思ってなかったけど、運動は心も身体もリフレッシュできるなぁと。

 

 

これを機に少しの減煙と少しの運動でも始めてみようかなと思ったり、思わなかったり。

パッとしない天気の週末は引きこもるしかないよね。

 

f:id:TakaT:20170326224748j:image

 

※以下、脳内垂れ流し雑記帳※

 

 

金曜の夕方に仕事が終わってから寮に戻り、すぐに風呂と飯を済ませてからずっと部屋に引きこもってます。

 

月曜は夜勤だからこの週末はレンタカーでも借りてどこか行ってみようかと思ってたんだけど、生憎の曇天と時折しとしとと降る雨。

 

これじゃあなぁ〜と思い、引きこもりを選択。

 

 

引きこもりプランはというと

 

・英語の勉強(文法)

・海外ドラマ“SUITS”鑑賞(リスニング)

・図書館で借りた本3冊読破

 

という自己研鑽に努める充実したプランだった。

 

 

 

 

だっ  た。

 

 

このブログを書いているのは日曜の夜。それまでの金晩と土日を実際どう過ごしたかというと

 

・英語の勉強→1時間

・海外ドラマ→2時間

・読書→0分

 

 

 

なにしてたっけ!??!?!!?!?

 

 

 

 

 

とりあえず金曜の夜は一週間分の洗濯して、SUITS観て、寝た。←

 

昨日は(無駄に)6時半に起きてグラノーラ食べながら普段つけないテレビを観てゴロゴロしながら留学のプラン考えて

 

気づいたら寝てて起きたら昼で(10時間くらい寝たな)

 

食堂開いたなーと思ってグラノーラ食べてから食堂行ってご飯食べて部屋戻ってグラノーラ食べて留学のこと調べて費用どれくらいかかるんだろうなーとか0円留学ってどうなんだろなーとか仕事がGW明けまでなんだけどお金どれくらい貯まるかなーとか

25歳で周りは真面目に働いてそろそろ結婚しようかなとか言ってんのに、俺何の為に留学するんだろうなーやりたいこともなりたいものもまだ全然はっきり決まってないのになー20歳そこそこの子でも夢があるのになー

夢持ってるってすごいなーかっこいいなー俺の夢かー世界一周したいなーでもスーツ着て仕事もしたいしなー

 

 

何が正しいんだろうなーもう色々捨てちゃってる気がするけど、これから旅に出たらまだまだ失うことも諦めることもあるんだろうなーでもでもそれを凌駕するほどの喜びや感動や出会い、もちろん辛いこともあるんだろうなあぁああぁあああぁああーーーーーーーーーーー

な〜んてだらだら考えてて気がついたら夜だったよね。

 

 

 

悪い癖だなー

 

やってもないことうだうだ考えるの。

 

やってみないとわからないし、やれば案外上手くいくことがあるのも分かってるんだけどなー。もちろんその逆パターンもあるけど。

 

大学の時より真面目な気がするぞ俺。いや大学の時はクズだったからな…そりゃ当然か。それに一応社会人だもんな一応。。。

 

社会人かー。

社会人ってなんだよー

大人ってなんだよーーー

俺のモラトリアム返してくれよー

やり直したいこといっぱいあるんだよー

 

 

 書いてて思ったけどあれだな、やり直したいって思うのは先の人生のリミットてかライフプランを細かく考えてるからそう思えるのかな。

あの時こうしてたら何歳でこうなって今頃こうなってああなって…

 

 

まあ心配すんなよ、俺。

 

 

どうせ俺のことだから、少しずつしか前に進まないし、8割のことは計画通りにいかない、てかそもそも計画ちゃんと立ってないから。笑

 

 

 

 

 

垂れ流し過ぎて訳わかんなくなったけどとりあえずあれだな。

 

目の前のことには全力を尽くそう。

 

今はまだ仕事が1番。

最後まで責任持ってやり遂げる。短期間でもまだ学べることはあるはず。

 

そして次のステージに向けての準備も同時進行。

英語は悪魔でツールだけど、せっかく留学するんだから身につけて自分のスキルの1つにしたい。

 

留学のその後は、選択肢は絞れてるけどまだ決まってない。でも今のところ世界一周したい欲の方が強いな。

 

子どもに言いたいもん。

 

「パパなー、お前が生まれる前世界一周してきたんだぞ」って。

 

世界のいろんなとこの写真見せて、いろんな話して

 

「パパすごーい!!」

 

って言ってもらえたらその日の酒は格段に旨いだろうなぁ…

 

 

あぁ…

 

その前に綺麗な奥さん探さないとな←

 

 

ってな訳で垂れ流し日記今日はこの辺で。

 

基本的に次回以降も垂れ流しになるかと。

 

それではまた。

I don't wanna be alone forever, but I can be...

 

ずっと1人で居たい訳じゃない。

 

 

でも今は、あの頃に思い描いた景色を
この目で観るまでは、

1人でもいい。

 

 

いつか誰かに教えられた。

『自由と孤独は隣り合わせ』だと。

 

 

本当の自由を追い求めるならば

孤独を味わうことになる。

孤独が嫌で人やモノに
充たされたいならば
自由は味わえない。

 

二者択一なんだと。

 

 

ーーーーいまはまだ、1人でいい。

 

 

sound→Gypsy / Lady Gaga